プロミスの契約書類確認について

プロミスの契約書類確認について

 

 

ここでは、プロミスとキャッシング契約をするために必要な種類の確認をするために、お話をしていきたいと思います。プロミスからの融資を受けるには、まず申込後に審査を受けて合格してから、借入契約をする必要があります。審査の際には本人確認書類と、収入を証明するための書類が必要となりますので、その2つに必要な書類について、お話していきたいと思います。

 

まず最初は本人確認書類についてです。本人確認書類とは身分を証明するもののことであって、顔写真付きの有効期限内ものでなければなりません。これは運転免許のある人であれば、運転免許証を用意する必要があります。提出の際には顔写真のある表部分を画像データ化するのが原則ですが、引越によって住所変更及び婚姻による氏名変更をした場合には、裏面のコピーの控えも必要になります。また運転免許のない人は、パスポートのコピーを提出するように決められています。これは、顔写真と住所の記載された頁を画像データ化して提出するもので、運転免許のある人は提出不可となっています。

 

また外国籍の人の場合は、在留カードや特別永住者証明書も提出しなければなりません。また都合により、身分証明書に記載された住所と現住所が異なる場合は、発行日から半年以内の書類で、電気・ガス・水道・NHK等公共料金の領収書や、健康保険・厚生年金・雇用保険等の社会保険の領収書・住民票の写し或いは住民票記載事項証明書・国税或いは住民税領収書・納税証明書のいずれかを提出する必要があります。

 

次に収入証明書類について、お話していきたいと思います。これはプロミスでの希望借入額が50万円以上になる場合や、この希望借入額と他社からの借入残高の合計額が、100万円以上になる場合に提出するものです。これは直近2ヶ月分の給与明細書+直近1年分の賞与明細書(賞与がない場合は不要)、或いは最新の源泉徴収票、同じく最新の確定申告書のいずれかを提出する必要があります。

 

以上の書類は画像データ化してEメールに添付して送るか、スマホの専用アプリを利用するか、FAX・郵送・来店・WEB申込のいずれかで提出してください。WEB申込以外の場合は手書きになる場合もありますので、くれぐれも記入漏れや記入ミス、或いは虚偽の記載等を行わないようにしてください。書類提出は、審査の後半に指示されますので、その指示に従って提出してください。